明海地区のお話

明海地区のお話

三河港の一角、明海地区産業基地。
ここはかつて豊橋海軍航空基地があったところ。

昭和30年代、日本が驚異的な経済成長を行うなか、東海道メガロポリスの中にあって、東三河はその恵まれた立地条件を生かしきれていない状況にありました。
このため、三河湾を埋立て、大型船が着岸できる埠頭とその後背地に巨大な木材コンビナートを建設しようとする機運が高まりました。

1968年(昭和43年)8月官民合同の第三セクターとして当社が設立されました。

当社は、旧大崎島において戦後払下げられた農地を買収し、また埋立地を愛知県より譲り受け、工業団地を造成いたしました。

当初は木材住宅産業を中心に製材・合板工場が進出、明海埠頭では北アメリカや東南アジアから原木丸太を満載した貨物船の荷揚げ作業が行われました。
かつて水面貯木場では筏士たちが作業に汗を流し、陸上では大型ロガーを使って原木丸太をトラックに積みこむ光景が見られました。

その後、オイルショックによる産業構造の転換を経て、今では東三河随一の産業拠点として、明海地区の名称は多くの人たちに知られ、親しまれております。

デンソー、トヨタ紡織、三五、ジェイテクト、武蔵精密工業、川西塗装といった自動車部品メーカー、吉野石膏、ウッドワン、セキスイハイム工業といった住宅部材メーカー、また花王、フォルクスワーゲングループジャパン、ランクセスといった国内外の一流企業も立地しています。

また当社が所有する明海埠頭では石膏原料や穀物飼料といったバラ物原材料から自動車をはじめとする完成品までを取扱い、多目的な貿易基地として発展を続けています。