港湾施設概要

港湾施設概要

多彩な物流ニーズに応える充実した港湾設備。
優れた環境が高い満足を与えています。

当社が開発した明海地区産業基地には、フォルクスワーゲングループジャパン、吉野石膏、花王をはじめ80社以上が進出しております。
当社が管理する明海埠頭では輸入を中心に多目的な物流機能を発揮しており、大型船が接岸可能な848mの岸壁を所有し、岸壁の背後の広大な埠頭用地2.62haは、野積をはじめ倉庫・サイロ保管など企業ニーズに対応可能で、より便利で効率的な物流拠点として調和のとれた発展を目指しております。

港湾施設

航 路水深-10m・幅員250m
(計画水深-12m・幅員350m)
岸 壁 ・ 係留施設第1号バース/構造水深-10m/18,381D/W級
第2号バース/構造水深-10m/15,000D/W
第3号バース/構造水深-12m/30,000D/W級
第4号バース/構造水深-12m/30,000D/W級
第6号バース/構造水深-10m/ 7,000D/W級
ドルフィン/構造水深-5.5m(揚油専用)
桟橋/構造水深-5.0m(通船発着用)

けい船浮標(公共)構造水深-10m/15,000D/W級

倉庫施設

陸上貯木場倉庫営業面積/48,635㎡
保税蔵置場許可面積/8,851㎡
上屋倉庫3棟(延床面積 3,434㎡)
上屋(くん蒸庫付)2棟(延床面積 2,792㎡)
セメントサイロ1基(貯蔵能力 12,000t)
カオリン流通センター1棟(貯蔵能力 16,000t)
物流センター2棟(延床面積 15,346㎡)
油槽施設7基(貯蔵能力 4,740kl)
4基(貯蔵能力 10,380kl)ペトロトランス㈱所有